設立への思いと活動方針

 

キックオフミーティング

****************************************

<ネットワーク設立への思い>

****************************************

  原発事故という未曾有の問題に直面した、2011年3月。

 4月、5月、続々とインターネット上に放射能情報サイトが立ち上がり、地域の会が動き出しました。 その勢いに背中を押され、活動経験もない母親や市民が、子ども全国ネット立ち上げに向けて集まりました。

そこで「全国でつながろう!」とHPで呼びかけたところ、たった10日間で100余りの団体がネットワーク団体として登録、700を超える賛同の声が届いたのです。

そして迎えた7月12日のキックオフミーティング。たくさんの参加者と報道関係者で埋まった会場は「いまこそつながって、子どもたちを守ろう!」という熱気に溢れていました。

その後ミーティングを重ね、各団体が取り組んでいた放射能に対する活動、たとえば、園・学校や議員との交渉、自治体への要望書提出や署名集めなど、その試行錯誤の過程を共有できました。また、放射線計測・福島支援・疎開保養・市民測定所開設・行政や議員交渉食の安全など、 それぞれのテーマでの動きも生まれてきました。

子ども全国ネットは、各地の団体がつながるための「場」。ここで呼びかけ、ネット上で情報を広げ、 多くの賛同を集めることができます。

また、地域をこえた団体がつながってアクションを生み出すことも。具体的な方法や知恵も共有しながら、一歩ずつ前進させています。

放射能汚染の対応は、長期戦でまだまだ余談を許さない状況です。

私たちは、歴史に学び、海外からも学び、将来あってほしい社会や世界の有りようを思い描きながら、「あきらめない。休んでもいいから、やめない。そして、福島の現状を忘れない」を合言葉に、放射能から子どもと未来を守っていきましょう

****************************************

<ネットワークの活動方針>

****************************************

  子ども全国ネットは「放射能から子どもたちを守る」ことを第一目的に、

特定の政治、信条、宗教、思想に偏することなく、

また、被害状況や地域性や活動内容において、

「多様な立場や考え方の違いを認め合うこと」を大切にしながら、

お互いの知見を尊重し共有することで、より有益な活動に繋げていけるよう、

フラットでゆるやかに連携していきます。

ネットワーク内外へ署名や呼びかけ、行政交渉や課題別のアクションなどで連携し、

社会へ情報発信と、様々な活動主体や専門家との協力・連携を通じて、

効果的な活動につなげていきます。